FOU’s blog

日本の大学 今 未来

タイの大学 チェンマイ編2

チェンマイ編2では、チェンマイ大学のご紹介。写真たくさんでいきます

 

チェンマイ大学はタイ北部の基幹大学、そして最も知られた大学。実際に行ってみればその規模、このエリアでの重要性がわかると思います。メインキャンパスは、イメージ的には阪大の吹田キャンパスより大きいサイズ。次にご照会する予定のChiang Raiチェンライ編の時にご紹介する予定のMae Fah Luang Universityメーファルアン大学もでかい大学だと思っていましたが、それより1.5倍くらいの規模があり、さらに山の麓なので傾斜付き。そんなサイズなのでキャンパス内移動用に巡回バスがありますが、多くの学生は小回りの効くスクーターで行ったり来たり走り回っています。結局、地理に不案内な筆者は、キャンパス内で迷子になり、スクーターの男子学生に声をかけ、『ここに行きたい!』と(英語で)いうとその奇特な学生は筆者をリアに乗せてくれて連れていってくれました。

このキャンパスの所在地、位置的にはチェンマイ空港の北側エリア。旧市街から行くとすれば、スアンドーク門 Suan Dok Gateが起点になります。この門を出て西へ進むとチェンマイ大学方面です。なお、距離的には門から2キロほどなので日本の気分では歩いて行けそうですが、タイ的には、かなり暑いのと車がビュンビュン走っている道を歩くことになるのでトゥクトゥクなどのご利用をおすすめします。また、大学構内も非常に広いのので事前に訪問先への行き方や待ち合わせ方法を確認しておくほうが迷子にならなくて良いと思います。

【写真1】スアンドーク門 Suan Dok Gate この門は車の出入りができます。

f:id:FOU:20211016221832j:plain

【写真2】門を出ると通りの右側に沿ってチェンマイ大学の医学部、歯学部、看護学部などの医療係学部とその関連施設(マハラート ナコン チェンマイ病院、シーパット医療センターetc)が並びます。ここはキャンパス外ですがいくつもの病院、教育施設のあるエリアです。

f:id:FOU:20211017013747j:plain

web.med.cmu.ac.th

sriphat.med.cmu.ac.th

【写真3】途中にマクドがあるので休憩1

f:id:FOU:20211017013836j:plain

【写真4】途中にマクドがあるので休憩2

f:id:FOU:20211017100329j:plain

【写真5】歩いているといろいろ関連施設1 アートセンター

f:id:FOU:20211017100832j:plain

【写真6】歩いているといろいろ関連施設2 大学が管理する会議場。立派な施設です。

f:id:FOU:20211017100908j:plain

【写真7】幹線道を左に折れるといよいよ大学への道。まず、国王陛下がお出迎え

f:id:FOU:20211018002815j:plain

【写真7】構内に入ると検問所があって許可車でないと入れません。※物々しそうですが歩きならノーチェックです。

f:id:FOU:20211017125009j:plain

【写真6】検問所の横に乗り降り自由の構内巡回バスの待合があります。ルート案内はあったような気もしますがまずは何も分からないまま乗ってみて身を任せる感じです。

f:id:FOU:20211017125035j:plain

【写真7】構内には無防備にイヌが寝ています。結構たくさんいました。首輪を見ると大学として管理はしているよう。ネコはみませんでした。

f:id:FOU:20211017130609j:plain

【写真8】江戸前寿司のデリ発見。何故か日本人の動物的本能のせい?で、見るのも食べるのも怖いです。

f:id:FOU:20211017132422j:plain

【写真9】構内のの案内看板のほとんどはタイ語のみ。こちらはたまたま英語が入っている看板があったので写真を撮ったもの。こんな感じなので、地図はもっていても、ふらっとキャンパス歩きをするとどこに何があるのか探すのが大変。バンコクにある大学と比べると英語表記の必要性が低いのかもしれません。もちろん、キャンパス内には、郵便局やATM、食べるところ、コンビニ的なものはいくつもあり、慣れれば便利だと思います。

f:id:FOU:20211017134110j:plain

【写真10】ちょこっと講義室をのぞいてみました。制服着用なのでみんな年齢より若めに見えます。何気なく堂々と入れば誰も何も言いません。

f:id:FOU:20211017132452j:plain

【写真11】で、今回筆者が訪問した場所がここ

こちらは、タイ北部における日本研究と情報発信の拠点となっています。タイ人の知人との関係などなどで前から一度行って見てみたいと思っていました。事前にアポは入れていたのですが当日は桃山学院大学の学生グループが研修で訪れていて皆さんお出かけ中。お話が出来たのはお留守番をされていたポスドクのローカルスタッフの方のみ。そのため反対に自由にざっくばらんに見学をさせていただきました。

筆者はプライベートでこのセンターにメールでアポをいれたら『どうぞ』のご返事をいただいています。学生さんも含めて海外の大学の事情を知りたかったら積極的に連絡をとってみるの良いと思います。

ちなみに、チェンマイ大学さんは、国際交流に非常に熱心。筆者個人的には大学の独法化、学長の方針、タイ国内での大学間の競争の影響等々もあるのかと想像してしまいますが、とにかく日本の大学とたくさんの協定を締結しています。wikiに書かれている大学数は全然追いついていなくて、近くの大学(関西)を見回しても学生の訪問していた桃山学院大学さんの名前なし、阪大さんも2007/10/1に全学協定を締結いますがその名なし。そして筆者のいる大学も少ないながら短期研修にいっている(はず)なのにその名はありません。日本の大学のメリットとしては、比較的安価に比較的安全に異文化体験ができるタイ・チェンマイの地は貴重だと感じます。

f:id:FOU:20211017132522j:plain

【写真12】センター入口。なお、この反対面に中国の同様のセンターがあります。この前までさっき会ったばかりの男子大学生のスクーターにタンデムして到着。

f:id:FOU:20211017132555j:plain

【写真13】センター内 右下の案内板にはこのセンターの活動がODA(政府開発援助)で行なわれていることが書かれています。チェンマイには日本の総領事館もあるのでお互いwinwinでやっていけそうな関係だと思います。

f:id:FOU:20211017132642j:plain

【写真14】部屋の大きさはこんな感じ。ずらっと日本関係の蔵書が並んでいます。左奥にいらっしゃる方がローカルスタッフのスラシーさん。日本語はお得意ではありませんでしたがいろいろ教えていただきました。感謝です。訪問時には(結構重たかったけど)日本関係の書籍を寄贈の形で何冊かお持ちしました。(『みんなの日本語タイ語版)』etc)。学生の人もグルメ本やファッション関係の雑誌などなど皆さんの自由な発想で少しずつでもお渡しができればタイの学生の皆さんに喜んでいただけると思います。なお、カナダでもそうだったのですが、日本関係の図書コーナーには漫画本ばかりがたくさん集まってしまうというのは事実、ポップカルチャーの国と言えばそのとおりなのですが多少違うアプローチもあったらいいなあと感じてしまいます。ただ今(2021年)なら鬼滅の刃系のグッズを持って行けば必ずうけます。多分。

f:id:FOU:20211017132733j:plain

www.cmu.ac.th

cmujpsc.blogspot.com

これでチェンマイ編は終わりにしてチェンライへ向かいます。

タイの大学 チェンマイ編1

チェンマイは、バンコクから飛行機で1時間ほど、タイ北部最大の都市ですがバンコクと比べるとかなりローカル感が漂います。初めて訪問したのは10年以上昔、日本のどこかの大学が(多分、きっと)チェンマイ大学などと2国間か多国間交流事業をやっていて、そのコロキウムに参加した時のこと。どこで泊まってどこでなんの会議をしたかもおぼえていません。そしてこの時が2回目、チェンマイエリアには大学がいくつかありますが、ここでは、その中でも一番評価の高いチェンマイ大学を中心にお話を。

チェンマイ

日本からだとスワンナプーム空港から乗り継いで1時間ほど。ただ、2時間の時差が微妙に響いて、日本発が午後便だと当日中にチェンマイまでつくのは困難になります。また、日本でWebを使って『東京→バンコクチェンマイ』でフライトを探すとうまくつながらかったり、かなり高めの設定になったりします。そんな時は、タイ航空でバンコク往復を購入し、バンコクチェンマイを別に購入するとかなり安価になることも。リスクはバンコクで完全にタイに入国したうえ、改めて空港の国内線のチェックインカウンターまでいってチェックインしなおすのが手間暇になります。あまりおすすめではありますが、こだわってみたい人はトライしてみてください。

普通にスワンナプーム空港で乗り継ぐ場合は、機内持ち込みと搭乗者は入国手続きを済ませ国内線方面に進みますが、スーツケースはそのままチェンマイまで運ばれてそこで国際線到着の際と同様のbaggage claimがあります。とはいっても税関職員の誰も声をかけてくれなくて素通りして改めて入国。

空港から市内へ

空港から市内へはそう距離はありません。基本的にはタクシー的な乗り物が交通手段。一応ドライバーさんは信用出来るのですがコミュニケーションに少々難がありますのではっきりと行き先を伝えてください。

地図をみたら分かりますが、チェンマイは山に囲まれており、旧市街のあたりが一番低く周辺は山岳地帯になります。地名を見てDoiドイと表されているのは『』のことで周りにたくさんお山があることが分かります。そんな山岳地帯は、自然の宝庫で、欧米人を中心に象を見に行ったり、トレッキングしたりして(暑いのに)楽しんでいます。

宿泊するホテルは、だいたい堀に囲まれた旧市街かその周辺になると思います。旧市街はチマチマしていて歴史的な建物やお寺がたくさんあり、ホテルは小規模なものが、堀の外には大きなホテルがある感じ。この時筆者が泊まったのは旧市街の小さなホテルでした。

【写真1】旧市街の堀 イメージ的には堀で囲まれた2㎞弱のサイズの平城京。(この言い方のほうがわかりにくいか…)。昔はこの堀の外側に数メートルの城壁を設けて敵の侵入を防いでいたようです。

f:id:FOU:20211012111319j:plain

【写真2】Tha Phae Gate ターペー門(旧市街東側の門・タイ語で『筏乗場』らしい)現在は堀に沿って全てに壁がある訳ではありませんが、所々に昔の名残が見られます。

f:id:FOU:20211012111647j:plain

市内の交通手段は、今でもトゥクトゥクソンテウが活躍しています。乗り方等々はすぐに慣れますが、運転手さんは、悪い人ではないんですが、外国人だとわかると特別価格を求めてくることが多いので、そんな時は、ご自身の責任でがんばって対応してください。

旧市街は正方形ですから道に迷わないと思いがちですが、道路の雰囲気が同じなので結構どこにいるか分からなくなります。その時は、たくさんあるお寺が目印になるので、お寺の名前を見ながらガイド本でチェックすると良いと思います。あとは写真で。

【写真3】 Wat Phra Sing ワット・プラシン1  旧市街の寺院。大きくて格付けの高いお寺です

f:id:FOU:20211012234825j:plain

【写真4】 Wat Phra Sing ワット・プラシン2 金箔を貼られて金色が鮮やかです。

f:id:FOU:20211012235021j:plain

【写真5】Women's Massage Center by ex-Prisoners 名前のとおり女性受刑者の更生のためのマッサージ店。チェンマイにある女性刑務所で刑期に服している人が更正を兼ねてマッサージの施術を学び(多分)受刑の態度の良い人がサービスをしてくれます。なお、結構繁盛しているようで市内に数店舗あるようです。

f:id:FOU:20211012235744j:plain

【写真6】三王記念像1 旧市街の記念像のある広場 周辺は綺麗に整備されていていろいろ博物館などもあります。

f:id:FOU:20211013005841j:plain

【写真7】三王記念像2

f:id:FOU:20211013005747j:plain

【写真8】普通に警察署ですが、何故か日本語表記があります。ご厄介になるひとが多いのでしょうか?

f:id:FOU:20211013012229j:plain

【写真9】Thai Akara - Lanna Boutique Hotel さん この時お世話になったホテル。旧市街にあるホテルは小規模ですが洗練されたホテルが多いです。お値段もバンコクと比べると割安感を感じます。この写真はホテルが細い路地にあるのでこっちですよ、の案内看板

f:id:FOU:20211013112006j:plain

【写真10】Thai Akara2 つくとすぐにレセプションがあります

f:id:FOU:20211013111847j:plain

【写真11】Thai Akara3 朝ご飯はメインを数種類から選べあとは自分で。夜はやっていませんが周囲にはたくさん食べるところがあります。

f:id:FOU:20211013112248j:plain

thaiakara.com

チェンマイ編2でチェンマイ大学の紹介をします。




 

 

タイの大学 バンコク編3

バンコク編の最後はタイで感じる多様性の社会・いろいろ違うものを考えます。多少気難しいお話になりますが関心のある方はご一読を。あとはグルメ情報。

タイでSDGSとLGBTQを考えてみる

1 街中で普通にみかける

例えば観光客の立場でショッピングセンター行ってみると牛丼屋さんの呼び込みやレセプションに女性のユニフォームを着た(性自認の異なる)男性が普通に対応していたり、宗教面で言うと(タイは仏教国のイメージが強いですが)レジでヒジャブ姿の女性も普通に働いています。筆者の印象では、(それが日本人のイメージする多様性と言えるかは多少疑問ですが)マイノリティーという定義より遙かに多くの人たちが共存しているのように見えます。

筆者にはタイ人の知人がいますが、この人の家族の中でも親類で二人兄弟がどちらも性別適合手術(今はこの言葉で表現するよう)を受けて女性化してしまったり(それ以外にもう一人いてこの家族で手術したのは計三人みたい)と(数字を持っていませんが)日本以上に高い比率で家族や会社、大学の中、身の回りに日常化しありふれた存在になっています。男→女については外形上分かりやすいですが、同様に男性を目指す女性も相当数いるよう。このようなタイの現状は、LGBTQのような言葉が生まれる前から、例えばエマニエル夫人(映画)の舞台がタイであったように、性に関する寛容度が他の国と異なる側面もあるのかもしれません。この映画が話題になったのが1974年でベトナム戦争の最終期の頃。欧米では反戦平和の風潮は盛り上がっていたでしょうが、ウーマンリブの主張はでていても、性自認云々のお話はそれほどされていない時代だったように感じます。筆者の感じる欧米との違いは、例えばモントリールはゲイを中心としたマイノリティーの存在は過去より認知され、滞在していた時もゲイパレード的なものとは良く出くわしていました。筆者のイメージでは、欧米の場合、マイノリティーのためのしっかりしたコミュニティーがあり、そこからの情報発信や主張が展開されるように感じます。方やタイの人たちはそれぞれ個人の内心の気持ちが優先されているように感じます。そのあたりはみなさんがタイを訪問した際に感じとってください。

エマニエル夫人 [DVD]

エマニエル夫人 [DVD]

  • シルヴィア・クリステル
Amazon

2Medical Tourismとの関係

日本の場合、今のところ、性別適合手術はいくつかの大学病院を中心に実施されているようですが法的縛りが強く(多分)倫理委員会だの第三者委員会だのと健康保険適用の可否にかかる手間暇がとてつもなくかかるので手術を求める人たちのモチベーションを下げてしまいうまく機能していないのではと感じます。

一方、タイの状況。中所得分類国(国連&世銀)の仲間入りをするにつれ、バンコクではのっぽのビルがたくさんでき、それにつれ大学進学率も50%近くにまで上昇しています。このような経済の発展段階による大学の存在意義の変容についてはマーチン・トロウさんの本を読むと掴みやすいと思います。そのような状況とともに、もともと医療関係の教育とシステムは、質量ともに東南アジア地域で最も優れた環境にありました。そのもう一つの要因はプミポン前国王時代から行われていた王室プロジェクトの一環で医学教育の発展に重点を置いた施策が行われたこともあると言われています。

MEXTの古めの資料ですがタイの関係する国の状況がわかります

https://www.mext.go.jp/component/b_menu/shingi/giji/__icsFiles/afieldfile/2013/04/17/1333454_11.pdf

マーチン・トロウさん、薬学部のお話の際も出てきました。彼の没後からだいぶたち、時代の彼方になりつつありますが、特に大学職員なら一読することをお勧めする一冊です。

以上のような環境下で、タイでは、優れた医療資源があり、欧米諸国と比べると医療コスト押さえて同等のサービスを提供できるメリットを活かし、国家施策としてMedical Tourismをを進めています。日本も進めようとしていますが、日本の場合は高度先進医療の提供が中心、(良い事例ではありませんが)韓国なんかでは美容整形で知られています。タイの場合は価格差。欧米の公的医療制度の中では、不要不急で緊急度の低く手術が後回しなるような治療を、タイでは安心安全に行なってもらえるという部分に支持を得ているのではないかと思います。

長いマクラになりました、このMedical Tourismの中には性別適合手術も含まれます。Web上で日本語で検索しても簡単に発見可能。ちゃんとコーディネイターさん?が病院探しから滞在サポートまでやってくれるプランまであるようです。タイ人の知人によると男性→女性の場合、男性器の切除したりそれに伴い尿路の変更等々して術後の安定のため約1週間の入院。費用については、80万円程度だったとの話をしていましたが、これは自由診療で術式や処置・治療内容によって大きな誤差が生じそう、ですが、ざっくりとしたイメージをもてるかもしれません。で、苦笑したのが病院選び、日本人がはるばる手術にくる病院はお値段高めでも信用できるので選んだとのこと。ちなみにこの手術をした人物は普通にオフィスでSEをやっています。筆者個人的に感じるのは80万円というお金はタイの人たちにとっては日本人以上に高額ですが、経済成長のおかげで中間層が増え、庶民でもなんとか都合のつく金額になってきています。そのような微妙な環境がタイ国内でも性別適合手術を受ける人が増加している理由ではないかと感じます。

まとめ

筆者がタイで感じることはLGBTQと医療は密接に関連しているということ。医学の進歩によりそれを求める人たちに様々な選択肢を与えることになりました。一定のお金を払えば、日本ほどの制限なく、自分の意志により自由に手術が可能なタイは、ある意味日本の先を行っているのかもしれまません。ただ、筆者個人的には、長年の悲願で、もしくは一時的な感情で手術をすることは、後戻り出来ない未来が待っているということ、その覚悟も必要だと感じます。また、日本国内においては、予算上限界を迎えている医療保険制度の中で、このような手術を3割負担で行なうのは非常に厳しい制約があって仕方ないものと感じます。多分、限られた予算の中で手厚くケアすべき医療が他にも盛りだくさんある中、(見かけ上)健全な体に手術を行なうことについて、国民的理解を得るには時間を要すると感じました。

【写真1】タイで日本食 タイでも日本食レストランチェーンの出店が目立ちます。まずは吉野家さん、日本のお店よりくつろげる雰囲気。味も基本的に同じです。

f:id:FOU:20210926192612j:plain

【写真2】ココ壱番屋さん、セントラルなどのモールで良くみかけます。若者に人気がある印象でいつも混み合っています。メニュー・味は基本的には日本と同じで、日本人も気楽に楽しめます。

f:id:FOU:20210926222115j:plain

【写真3】モスバーガーさん、こちらも基本的には日本と同じ。マクドナルドよりも価格設定は強気。

f:id:FOU:20210926192537j:plain

【写真4】タイでフランスパン PAULさんはフランスだけでなくヨーロッパのあちこちでお店を見ますが、まさかタイでまで!という印象。タイ在住欧米人の需要とともに中間層の増えた地元の人たちも関心を示しているんだと思います。

f:id:FOU:20210926225616j:plain

【写真5】バンコクでフレンチ1 Philippe Restaurant フィリップレストランは、BTSプロンポン駅から歩いて5分ほど。(タイ初心者にはわかりにくいですが)お店の周辺はお金持ち系の外国人が居住するエリア。そのためかお昼時には商談と思われるビジネスランチに良く出くわし、レストランの周辺にドライバー付の高級車がいっぱいになっていたりします。また、現地在住(と思われる)の日本人の奥様方の情報交換の場にもなっている感じ。フランス人のフィリップさんがお料理を作っていてそれ以外のスタッフはタイ人。お味の方は普通においしくてOK。お値段は行く度に少しずつ値上がりしていますが、それでもランチなら1000Bでなんとか収まります。

f:id:FOU:20210927000044j:plain

【写真6】 Philippe Restaurant 2 starter の soupf:id:FOU:20210927000119j:plain

www.philipperestaurant.com

【写真6】バンコクでフレンチ2  Le Normandie タイだけでなく東南アジアを代表するフレンチレストラン。タイの王室、タイ社会のアッパークラスの人たちの社交の場ともなっています。そんなレストランなのでドレスコードが(ホントに)厳しくランチタイムで最低スマートカジュアル、夜はジャケット必須。実際ランチを食べている時、赤いTシャツに短パン、サンダル姿のアジア系のおにいさんとおねえさんがアポなしでやってきたら(丁寧に)追い返されていました。ランチで4000B、ディナーなら5000B以上は必要ですが、タイでの良い思い出作りと異文化体験に良いお店だと思います。(筆者は予算の都合と暑いところでジャケットを着るのが邪魔くさくてランチタイムしか行ったことがありません。)

www.mandarinoriental.co.jp

starter1 典型的なAn amuse-bouche

f:id:FOU:20210927000622j:plain

【写真6】starter2 soup

f:id:FOU:20210927000937j:plain

【写真6】dessert

f:id:FOU:20210927001005j:plain

【写真6】レストランからの眺め。チャオプラヤ川と高層ビル群を眺めながらお食事ができます。夜景も素敵だと思います。

f:id:FOU:20210927001032j:plain


バンコクはこれで終わりにして次はチェンマイへ行ってみます。

 

fou.hatenadiary.jp

 

fou.hatenadiary.jp

 

fou.hatenadiary.jp

 

 

 

 

日大の出来事を感じながら私立大学をいろいろ考えてみる

こちらは特別編。相撲部だのアメフト部の関係者が巨大大学の理事会を仕切っているって国立大職員だった筆者には理解しがたいところがあります。ガバナンスの破綻というかそこで教えている先生たちや学んでいる学生たちの沈黙も薄ら寒く感じます。ここでは筆者の私立大学の思い出話をいくつか。これから私立大学で働いてみたい若い人は参考に(なれば)してください。

1 ははぁ!と言って受け取らないといけないお給料

これは20世紀終わり頃、筆者が私大で働いていた頃聞いた話。当時でももちろんお給料は銀行振込をやっていたのですが、インターネットバンキングはまだやっていなくていろいろ不便なこともあり、職員の求めがあれば一部もしくは全額を現金渡しすることも可でした。そんな時代、近所にある私大(女子大)はとても面白いセレモニーがあることをを教えてもらいました。給料日、幹部の職員さんたちはゾロゾロと理事長室に出向き理事長から直々に給与袋を受け取る栄誉があったとのこと。その時、職員たちはうやうやしく両手を差し出し『ははぁ!』と言って(大のオトナが)受け取るのが慣例。ちなみにこの女子大は、その当時女子学生たちは黒い制服を着ていましたが、今はそれはなくなり少しは自由になりました(今でも女子大でやっています)。そして筆者たちは『うちの大学はそんなことがなくて良かったね』とみんなで話あっていましたが、その自分大学でも『2』は目撃しています。

2 秘書のお尻タッチが許されていた時代

筆者のいた大学の事務局長は(慣例で)外部から(一応)引き抜き?していて、筆者のいた頃は、国家公務員の退職者(この人は文部省じゃありませんでした)がやっていました。この人いつも事務局長室でタバコモクモクして何をしてるか分からない人。月に何回かやる朝礼の時、秘書の女性にみんなが見てる前で平然とお尻タッチをしてニヤニヤ。当時はハラスメントという言葉もなく処罰もない時代、日常ありふれた光景でした。

その時代って、他にもセクハラ系がいろいろ、ご存じの人も多いかもしれませんが、西日本にある某名物私大でも、70過ぎた総長さんがハラスメントをしまくり刑事事件になっています。ハラスメントされた女性(複数)には、周囲の連中(女性を含む)も『これも仕事のうち』的なガマンの強要をして問題意識は全くなし。また、この大学グループは(その当時)定員の何倍もの学生を入学させ、指摘されたら『うちはアメリカの大学ように入りは簡単で卒業は難しい』言ってのけれる自由奔放さがありました。

3 ゴルフコンペに強制参加

筆者の住んでいるマンションに私大でネットワーク管理のお仕事(業務委託)をしている人(自治会の知り合い)がいます。お仕事的には、学内に専用のオフィスがありLANだの教務システムやmoodleだのの管理をしていているようなのですが、定期的に理事長からゴルフコンペ参加への声がかかり(ホントは行く気がないのに、次年度の契約更新が心配で)参加しているとのこと。非常に分かりやすい同調圧力の典型と嘆いていらっしゃいます。

4 学園祭の夜は宿泊マスト

これは知り合いの私大事務職員(女性)とのお話。大学祭になると上司からの命令で大学に泊まるように指示(強要)されます。(学生対応が目的のようですが)筆者的にはそれだけでも意味不明でどうかなあと感じますが。その際の勤務時間管理の意識はゼロ。当然超勤や振替休日も出ないそう。こんな管理職員の資質に欠ける人たちが大学内には結構います。

5 非常勤職員の雇用条件

こちらは関西の大手私大。非常勤職員を募集して面接の際に『本学では歓送迎会や忘年会、新年会、ビアパーティーなど催事が多くありますが参加できますね?』と必ず念押しされる、そして採用になります。なお、社内文化は体育会系で上司の言うことは絶対で、ヘイヘイなんでも聞いているようです。

関西というか首都圏以外にいると東京の私立大学のやっている大学スポーツには違和感を感じます。大学の方針によって選定理由のよく分からないまま強化指定された運動部を作り日本中の高校から引き抜いたり、特別な費用のかかる施設を作ったりして(多分)大学を盛り上げよう?としているやり方って、1980年頃までのオリンピックでソ連東ドイツのような旧共産圏のようになんだかスポーツを国威発揚に使って金メダルを取りまくっていたころのことを思い出してしまうのでは、筆者くらい?。お相撲やアメフトをバックボーンとした人たちが大学の進路を決めるというのはかなりのチャレンジだと思います。

 

タイの大学 バンコク編2

このブログの raison d'être レゾンデートルは、筆者のこれまでの大学で勤務した際の経験の備忘録で、可能であれば若い大学職員や大学に興味があったり関係する人たちの一助になればという(一応・多少は)思いもそれなりにありますので、特に海外編は、Trip Advisor的な要素・視点もありますが忘れず強引になっても大学ネタも必ず入れていきます。

Q バンコクでもクイズ   この建物にはどんな施設が入っているでしょうか?

Londonに続き建物当てクイズ。住所は、Serm-Mit Tower, 159 Asoke-Montri Road, Bangkok  BTS Asok もしくは MRT Sukhumvit の駅からアソーク通(Soi Asoke)スカイトレインMakkasan Sta.方面へ少し歩きます。大学で国際交流分野をやっている人ならSerm-Mit Towerサーミットタワー)の名前で気づく人がいるかもしれません。

また、こちらのご近所にはSrinakharinwirot University シーナカリンウィロート大学さんや見た目はゴージャスで価格は良心的なHelth Land さんもあります。タイトラディショナルマッサージ初心者の方はトライしてみてください。

f:id:FOU:20210906105725j:plain

Health Land 

www.healthlandspa.com

Srinakharinwirot University

www.swu.ac.th

バンコク中心部にある Chulalongkorn University チュラロンコン大学

BTSスクンビット線・シーロム線両線が停車するSiamサイアム駅。この駅の北側には巨大なショッピングモール Siam Paragon サイアムパラゴンとコロナ禍で閉店してしまいましたが伊勢丹デパートがあったりして日本人にとってもなじみ深いところ。その南側にチュラのキャンパスが広がっています。イメージ的にはJR渋谷駅前に広大なキャンパスがある感じ。それほどスタイタスが認められたタイでは特別な存在の大学です。とりあえず観光客的にバンコクに滞在するなら一番行きやすい大学とも感じます。また日本でおなじみのThammasat Universityタマサート大学さんやKasetsart Universityカセサート大学さんも都心といえば都心ですがそれぞれ王宮エリアと少し北のエリアにあります。その他の大学は全体的にバンコク北エリアを中心に少し郊外におかれています。

【写真1】チュラのブックストア Siam駅から南へ5分くらい。ゴミゴミした雰囲気ですがキャンパスの北からの入口部分にあります。英語系の書籍が多くを占め、他にも文房具やキャンパスグッズも豊富。

f:id:FOU:20210911163134j:plain

【写真2】歯学部附属?の博物館 普通に歯学部の校舎に入ってエレベータを利用して展示しているお部屋に行きます。かなり古くに見にいきましたが今も常設展示的にやっているようです(すいません。真偽不明)。施設内には標本の日本の医療系学部からの寄贈もあったことが書かれていました。展示自体は(筆者個人的には)それほどおどろおどろしくありません。

f:id:FOU:20210911182039j:plain

www.chula.ac.th

バンコクぶらり歩き

タイ初心者の学生を連れて主要スポット(寺院・王宮etc)を回るなら(特に数名の少人数なら)HISさんやJTBさんがやっているツアーに乗っかるのが良いと思います。もう少し多めなら同じくバンの借り上げで行くと迷子が発生しなくて安心です。筆者は不信心者であまり寺院へはいきませんが、多くの寺院がチャオプラヤ川沿いだったり主要駅から離れたところにあるので、車の方が効率的に見て回れます。こちらもタイ初心者向けの注意事項ですが、王宮やお寺にはドレスコードがあります。男女を問わずたくさん足出したり腕出した格好をしていると入れてもらえません。そんなおバカさん外国人観光客のため、お寺周辺でスカーフや腰に巻く布がレンタル出来るようになっています。ちなみに筆者も初心者だった頃、王宮とオリエンタルホテルに短パン+Tシャツで侵入を試みたところ阻止されてしまいました。あとはお役に立ちそうなホテルを中心に写真いろいろで。

HIS Bangkok 

www.his-bkk.com

Mandarin Oriental Hotel

www.mandarinoriental.com

【写真3】Erawan Sanplomエラワン廟 BTS Siam sta.の近く。ピー信仰のパワースポットとして有名

f:id:FOU:20210924221823j:plain

【写真4】Grand Fortune Mercure Hotel Bangkok  MRT Phra Rama 9 ラーマ9世駅を降りてすぐ。エアポートリンク・マッカサン駅からMRTに乗り換えて1駅なので使いやすいです。この場所は、バンコク中心部から少しだけ離れていることもありお値段もお手頃。タクシーで空港へ行く道も単純でそれほどラッシュにつかまりにくいのもメリット。ホテル自体は普通にOKです。

f:id:FOU:20210925034510j:plain

【写真】Hotel Four Points by Sheraton  BTS Asok Sta. を降りて同Nana Sta. 方面に少し歩きます。周辺には、BTS Asok Sta. と直結しているウエスティンホテル(Westin Grande Sukhumvit, Bangkok)シェラトンホテル (Sheraton Grande Sukhumvit, a Luxury Collection Hotel, Bangkok))があるのですが、段々お値段が高くなり(筆者は)ちょっとづつしんどくなってきました。その頃新しくできたのが Sheraton HotelSecond Brand の Four Pointsさん。お部屋は綺麗で遜色がないのでお勧めです。

f:id:FOU:20210925041727j:plain

【写真】Hotel Four Points by Sheraton②フロントスタッフもフレンドリーです。

f:id:FOU:20210925104310j:plain

【写真】Hotel Four Points by Sheraton③ なぜかホテルのエントランスの横にフーターズさんが。

f:id:FOU:20210925041816j:plain

A それでは答え合わせ

日本の政府系機関と学術機関がたくさん入っています。その理由は、まだ、在バンコク日本大使館Soi Asoke 沿いにあった頃、交通至便な場所で(当時新築だった)この建物に領事部や広報文化班が間借りしていて、それにくっつく形でJF国際交流基金などのオフィスもこちらに。大使館自体はルンピニー方面(MRT Lumphini Sta.)に移転しましたが 残っています。もともとAsokeからプロンポンPhrom Phongのエリアは外国人が多く住む高級住宅地的な場所で在住の日本人にはなじみのあるところです。

筆者の記憶では、1990年代にはこの地にあるのはJSPSのオフィスくらいだったのですが、それからしばらくして大学の海外拠点ブーム?が始まり、今やたくさんの大学が事務所を置いています。そしてこの建物に事務所があるのは大阪大学さんや上智大学さんあたり。他の大学は、仲の良いタイの大学内にお部屋を借り受けています。事務所ってどんな感じかと言うと、大体国際交流・留学生に詳しい若手の教員が所長をして国際がそこそこできる(これがなかなかいない)若手事務職員を副所長にし、あとはローカルスタッフが数名というのが良くあるパターン。あとは『何をやるか』で、予算がたくさんあればタイの大学との様々な連携や、タイのエリート高校を訪問して優秀な留学生の発掘とかも可能。とりあえず日本で考えているより旅費と交際費は必要です。残念ながら、拠点を作るのは簡単ですが、大学レベルではその海外拠点でいろいろできる事務職員は少ないのが今後の課題。その中でよく頑張っているのは東工大さんでNSTDA(タイ国立科学技術開発庁)内にオフィスを作り積極的な活動をしています。

JSPS

jsps-th.org

あまりに大学の拠点が多いでJSPSさんがわざわざ交通整理してくれています。

タイにおける日本の大学 | 日本学術振興会 バンコク研究連絡センター

JF

www.jfbkk.or.th

大阪大学さんwww.bangkok.overseas.osaka-u.ac.jp

上智大学さん

www.sophia.ac.jp

www.jnto.or.th

www.titech.ac.jp

 

もう少しバンコク編3で残りをご案内してからChiang Maiへ進みます。

 

 

fou.hatenadiary.jp

 

fou.hatenadiary.jp

 



大学入試の問題点を考えてみる 英語教育の不思議

こちらでは、大学職員側からの目線で、初等中等レベルでの英語教育と入試を考えてみます。大学入試にかかることも含めていますが、高校生にはキツイ内容になりました、それでも興味のある方は是非ご一読を。

はじめに JETプログラム参加の声から

JETプログラムとは、語学指導等を行う外国青年招致事業The Japan Exchange and Teaching Programme のことで欧米諸国を中心に年間5000人を超える若者を日本へ招致し、主として全国の地方公共団体に配属、外国語指導助手ALT: Assistant Language Teacher国際交流員 CIR: Coordinator for International Relations のような名前で学校において英語教育のサポート、市役所の国際交流のような部門で主として英語の能力を活かした職務につき一定の報酬を得ることができます。期間は1年で延長も可。一応世界最大規模の英語学習スタッフの招致事業となっています。筆者個人的には(他に誰も言ってませんが)政府が主導するパブリックなワーホリのイメージを持っています。来日してくれたJETの若者は、定められた期間、比較的簡単めのお仕事をすることにより一定の報酬を得て(彼らの立場としては)日本を楽しむことができます。また、帰国した後もJETでの経験は(日本政府のお墨付き事業なので)キャリアパスとして活きそうです。念のためそんなJETの気になる部分も少々、募集形態がざっくりのため、全てのJET来日者が崇高な目的と使命感を持ってくれていないという状況、また、ALTとなる外国人にしても一定の教育水準はクリアしていますが、Second Language として日本人学生に対して特別に英語を教えるメソッドをもっているわけではないこと、あたりがウイークポイントと言えます。筆者個人的には、そのような負の部分も織り込んでもJETを継続することは悪いことではないと思います。でないと(特に地方で)中高生がナマの英語を話す人と接する機会がまた一つ失われます。

大学とJETプログラムの関係、直接関わり合いはありませんが、JET参加者が、その後、日本にさらに興味をもつことにより、日本の大学(院)に入学したり、働いたりということもあったりします。

筆者とJETの最初の関わり合いは、McGill Univ.にいたころ、文学部東アジア学科所属の学生(女性)がJETで九州の地方公共団体(いわゆる市役所)の国際交流部門での配属CIRになっていました。彼女の日本語はN1レベル、ケベクワなので英語も仏語もOKでしたので(多分)市役所では貴重な戦力になったと思います。Calgaryでは日本へ送りだす選考をする人たちとお話をしたことも。そして日本国内では、大学で行われた国際関係の講演会に参加した際、JETで来日後大学でポジションを得た人の滞在記的なお話を聞く機会がありました。このお話、筆者個人的に大変深刻に受け止めました。で、そのお話の要点は、

ATL終了者の言葉で一番感じたことは、英語教育の国際通用性の無さ。(英語を話す上で優先順位が低いというかどうでもいい)文法上の人称、時制などの正確性、単語(単数・複数)やイディオムなどの暗記物に重点を置き過ぎているのでは、ということ。このことについては、筆者個人的は同意できます。マギルのESLで学んだ際の teaching method とは明らかに(悪い方向で)異なります。以下では何故日本での英語教育がヘンなのに是正されないかいろいろ考えます。

日本の英語教育の不思議  初等中等教育における英語教員の英語レベルを考えてみる

検索エンジン文部科学省英語教育実施状況調査 あたりでググればたくさんでてきますが、英語を教える教員の英語能力の圧倒的な低さ。

普通に高校の英語教師として教壇に立っている先生が、英語の検定試験を受けてみたら、という普通にありふれた能力評価だと思っていたのですが、その結果は惨憺たるもので、今現在でなく、今後の英語教員養成のため、英検準1級、TOEFL iBT80点、TOEIC 730点あたりが成果目標とすべき目安とおかれています。すなわち、現在のところは、この数値を下回る英語教師がたくさんいて教えていることがわかります。このお話というかこの事実と改善に向かう知恵の無い日本社会には本当にがっかりです。

大学の国際交流課・留学生課的な部門で非常勤職員の募集をしてみるとTOEIC800以上のスコアをもつ人が(とても安い給料なのに)わんさか応募してきます。そんなで国際交流で飯食っている大学職員からすると、石を投げたらすぐにあたる程度のイメージで日本中のそこいらにその程度のスコアを取得している人は満ちていると思っていたら、そうではないらしい。筆者には、何故そんな能力でプロの英語教師をやれて飯を食っていることができるのかが大きな衝撃。そんな先生が40名編成のクラスでレベルチェックも行なわれていない生徒に一方的に座学的な授業をするんですから英語能力向上なんて絶望的な状況になってしまいます。

※彼らを少しフォローするなら、筆者の経験上、かなり高いTOEICTOEFLのスコアを持っていても、海外からの簡単なビジネスメールや電話応対が出来ない人はわんさか見てきました。また、エビデンスはもっていませんが、英語が使える人でも、40歳を超えて英語検定試験を受けると(若い時と比べ)スコアが伸び悩むことになると思います。ですので、一概にスコアだけでは推し量れないところはありますが、これを彼らへのハンディキャップとしてあげても、大半がTOEIC600台レベルの人たちが、現役教員として生徒にたちに英語を教えているという現実は、日本の国際化の進展が望めない原因と感じてしまいます。

TOEICTOEFLなどの英語検定試験は、試験自体はいつも同じパターン&レイアウトで作られているので何度か受験すると受験テクニック的なコツがわかり(追加の勉強していなくても)かなりの得点の向上は見込めます。それこそ彼らは英語教育のプロなんだから、ちょっとづつでも時間をかけて頑張れば良いのに、こんな低いスコアしか出せなくて、それで学校で英語の授業やってて、恥ずかしくないのか謎。確かに中高の先生たちは、朝から校門に立ち、夕方からクラブ活動の指導をし、夜になったら繁華街を非行防止の巡回をし、教え子が二度と戦場に行かないよう日々組合活動しないといけない状況で英語教育の研鑽までなかなか手が届きにくいところですがなんとかがんばっていただきたいものです。

大学受験予備校も同じ

この傾向は予備校も同様。受験の神様的な存在になる人物はみんな日本人。アメリカやイギリスの有名どころの大学で英語学や英語教育を専門的に学んだような人物はお呼びではなく、ひたすら日本の大学受験で東大だの京大だのに合格した人物の受験テクニックの方がもてはやされることからみても、北米でごく一般的に行なわれているESL的な手法は全く必要ないことが分かります。

このことは根が深くもっとたくさん書けそうなのですが、もうそろそろにして、以上のようなことで筆者が感じたことは、日本の中高では、常に英語教育は、日本人教師から日本人生徒が教わる・日本人教師が日本人生徒へ教えるというのが基本パターン。英語を教わる中高生はネイティブと話す機会は圧倒的に少ない中、こんな日本人同志でやる英語教育を6年も続けているところが、いくら教えても英語能力が向上しない理由の一つだと思います。そんな英語教育は、当然大学入試にも影響します。

共通テストで外部英語テスト導入がダメになった理由を(疑いをもって)考えてみる

令和3年夏にMEXTは、あれだけやるやる言っていた外部英語テストの導入を最終的に見送りました。その理由は、

①受検に係る地域的事情への対応(地方では英語試験が受けれないらしい)

②受検に係る経済的事情(受検料や複数回受検に伴う負担等)への対応

③高等学校教育への影響 

あたり。①②については、『予算措置と工夫』でいくらでも克服可能。単なる都合の良い言い訳に過ぎず導入を見送る主たる理由になり得ません。③について、導入反対の人が言いたいことは『中高は学習指導要綱に基づいて教育してるのに、急に枠外の試験を導入すると今やっている教育が根底から覆る』から困るということ。制度設計上確かにそのとおりなのですが、英語をしゃべっている国がやっている英語能力試験の利用を否定すると言うのは、なんだかヘンだろの気分になります。

読んでいて気づく人もいるかもしれませんが、なんだかホントは別の理由を感じていまいます。それが以下。

まず、教員側。本音ベースでTOEIC600台のスコアしか持たない英語の先生が、生徒に『このレベルの大学いくんやったらスコアは800以上ないとあかんで…』なんて、どの面下げて進学指導の場で言えるのか。お笑いネタになってしますがこれが日本の英語教育の現状。今の初等中等レベルの先生たち(教育委員会)に外部英語試験導入の対応をするのは筆者には困難に見えます。

このことには、同様に困っている業界があるので強力なタッグをくんでくれそう。大学受験予備校も同様に大きな危機感があるはず。英語の試験は大学入試の中でも中核科目なのでドル箱の存在。そのこれまで培ってきた受験テクニックがご破算になって(今さら)TOEFLの得点アップ講座を一からやり直さねばなりません。それは彼らにとってもやってもらいたくないこと。

以上のような勢力の圧(あつ)がメディアをうまく使って、外部英語テストを先送りしたと感じます。また、この事例以外にも筆者が気になるのは、①高校で(特に)TOEFL試験への取組みをおろそかにすると英語が得意な生徒のアメリカ・カナダなど(高卒後すぐに)海外への大学へ進学したいとという思い・機会を阻むことになる。②中高の英語教育について、大学受験と結びつけがちだが、中学、高校それぞれで社会へ出る人たちの存在を忘れてはいけない。大学進学のためだけでなく、中高の段階で一定水準の話せる・使える英語を身につけてもらうという視点が吹っ飛んでいる、についても意識していく必要があります。

そんな中での大学入試

出題ミスとその指摘が怖いので、私大はマークシートのクイズ形式の出題が中心になります。そのため難しい単語を知ってるか的な暗記力ばかりが求められてしまいます。学生の能力を測る上では英作文を書いてもらうのは悪いことではありませんが、出題時、書いてもらうセンテンスが長くなれば長くなるほど、採点者の与える得点の差異が生じる可能性があるので入試で課すのは消極的になりがち。筆者個人的には、所謂長文読解を中心にした試験で多方向から受験生の理解度を知るのが国際通用性もありそうで良いことだと考えます。

まとめ

全然まとまりませんが、日本の英語教育は大学入学前から課題が多いと感じます。大学においてもTOEFLのスコアを大学院入試時の英語試験の代替として用いたり、英語の出来る学生はGMATだのGREへの関心を示しますが少し出遅れ感が。すぐに解決できそうな妙案も見当たりません。こんなことがあるんだなと、気になる方は少しだけ心に留めていただければと思います。以下ご参考。

知ってそうで知らないJETプログラム。たくさんの人が来日するわりにあまり知られていないような。折角きてくれているんだから、JSPSの外国人特別研究員(PD中心)の行なっているサイエンス・ダイアログプログラムのような高校に出かけて出張講義をするような仕組みとかあっても良いのになあ、と感じます。

jetprogramme.org

平成26年度 英語教育実施状況調査(中学校)の結果概要 (MEXT資料/pdf多くの数値が右肩あがりでよく頑張っているようにみえます、が、例えば海外英語研修をした教育委員会が10%では先行き不安です。

https://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/06/04/1358566_02_1.pdf

大学入試のあり方に関する検討会議(第28回)(MEXT資料)【参考資料1】大学入試における英語民間試験活用及び記述式問題の導入に係る検討経緯の整理 に方向転換した理由(言い訳)が書かれています。

www.mext.go.jp

令和3年度英語教育改善プラン 都道府県ごとにどんなふうにして英語教育をよくしていくかのとりまとめ最新版。日本国内で長くて数週間の研修をして英語能力が伸びるようなら是非やってもらいたいものです。

www.mext.go.jp

 

タイの大学 バンコク編1

ここからタイに入ります。最近タイは日本の大学の東南アジアにおける国際交流の拠点なっていて多くの 大学がブランチをおいています。ここではバンコクチェンマイ、チェンライあたりのいくつかの大学の紹介といろいろな現地情報を書いてみます。写真は引き続き多めです。なお、タイは新型コロナウイルスで多くの感染者が出ている状況。日本もタイも早く落ち着いた世の中になったらいいなあ、と思いつつ記していきます。

【写真1】ご存じの人も多いと思いますがタイのマクドナルドではドナルドくんはワイしてくれます

f:id:FOU:20210829222232j:plain

どんどん変わっていく

筆者とタイとの関わりは長く20年くらい。当初は知人がタイにある機関に赴任したことがきっかけ。多分筆者のパスポートのハンコ的にはタイが一番多いと思います。最初のころはスカイトレインBTSは出来たばかりで地下鉄は工事中。その頃はスカイトレインBTSも(それなりに料金がするので)利用者は外国人ばかりでガラガラだったことをおぼえています。それが今ではラッシュ時にはどちらも入場制限を行なうほどの大混雑。また、日本では見ることが出来ないほどの大型ですごいデザインの商業施設がいたるところでできあがっています。ただ、そのような見た目の変化はバンコクが中心、北部のチェンライ、チェンマイあたりを見てみるとスピード感はあまり感じません。

バンコクにつく スワンナプーム空港

Thai AirwaysANAJALあたりを利用するなら到着(出発)する空港はSuvarnabhum International Airportスワンナプーム空港になります。もう一つ Don Mueang International Airportドンムアン空港というのがありますがLCCと国内線が中心になります。チェンライなどバンコク以遠に同日に着きたいなら日本発が夕方以降になると間に合いません。国内線乗り継ぎも普通で問題ありません。なお、国内線はタイ国際航空はやってなくて子会社のThai Smileに名前が変わります。Thai Smileは機材の雰囲気はThai Airwaysと同じでスッチーのユニフォームが違う程度。一時間程度のフライトでもしっかりしたミールサービスをしてくれます。国内線はそれ以外にもいろいろLCCが飛んでますので慣れてきたらチャレンジしてみてください。

タイ初心者向け 空港から市内へ

筆者的には、空港と市内は行くも帰るもタクシーがお勧め。なお、エアポートリンクも市内へ行くときは可。ちなみにエアポートリンクetcを使って市内に行って日本円で一人400円ほど、タクシーで行っても一台1500円くらい。旅先での時間と安全と正確性を考えれば無理して公共機関にこだわる必要もありません。

①タクシー

空港からは比較的安心。入国してすぐにTaxiの案内がありますのでそのまま乗り場へ。(少しやり方が変わって)乗車前に自分で発行機でクーポンを発券してタクシーに乗ります。空港にいることを許されるタクシードライバーさんは多少英語が出来るようですが、基本的にはホテル名や住所をしっかり伝えることが必要。あと少しややこしいのが高速道路の通行料金。市内までに数回ゲートで利用料金を払うことになりますが、バンコクではお客さん負担、小銭を持っておかないと料金所でバタバタします。ちなみに筆者は乗るとき『No Highway』といって高速道路を使わず地道で行くようお願いします。時間は大して変わりません。

反対に市内から空港は少し気を遣います。流しのタクシーは(空港に行くなら特に)車内で値段交渉をする必要があり結構邪魔くさい。そのため、可能ならホテルのフロントに頼んでタクシーに乗るとちょっとチップは必要ですが決まった金額で空港まで連れていってくれます。

②Airport Rail Link

Airport Rail Linkエアポートリンクは、空港と市内を結ぶ高架線。最初のころは、ノンストップで結ぶ便もあったのですが、現在はCity Line シティラインと呼ばれる各駅停車のみになっています。空港駅へ行くには入国したらそのまま地階方面へ行けばそれほど迷いません。車両の編成は4両のみ。その車両も大江戸線東京モノレール的な乗ってみると少し小さく感じるサイズ。空港~市内の間の駅でも地元の人たちの利用が増えて発車間隔も1時間3本程度。空港発は始発駅なのでとりあえず座れますが、マッカサン駅あたりでさらにMRT(地下鉄)に乗り換えるルートを考えるなら、朝晩のラッシュアワー時には大変なことになることをおぼえておくほうが良いと思います。

③MRT と BTS

【写真3】Airport Rail LinkMakkasan Station  高架の3階部分で乗り降りして2階が改札口。長い通路を歩いていくとMRTMakkasan Station に接続します。なお、MRTの入口には金属探知機のようなもの設置したチェックポイントがありますが、かなりゆるゆるです。BTSは高架を走るタイプ。一日券を気軽に買え、観光、買い物などのポイントが路線にたくさんあり、MRTより使い勝手が良いと思います。

f:id:FOU:20210905134132j:plain

【写真4】MRTの改札 切符はトーク

f:id:FOU:20210905124452j:plain

【写真3】MRTのホーム どこも綺麗です。

f:id:FOU:20210905125052j:plain

【写真4】BTS Asok Stationのホーム Asok 駅はMRTとの接続駅で、周辺に多くのホテルや商業施設があっていつも混み合います。夕方には駅構内に入るのに制限がかかるくらいの混雑になることも。

f:id:FOU:20210905124947j:plain

【写真6】BTSのホーム 可動式ホーム柵を設置する前はこんな感じ

f:id:FOU:20210905111144j:plain


バンコク市内にたどりつくまででおなかいっぱいになってしまいました。バンコク編2で市内情報を書くようにします。

 

fou.hatenadiary.jp

 

fou.hatenadiary.jp