FOU’s blog

日本の大学 今 未来

タイの大学 バンコク編2

このブログの raison d'être レゾンデートルは、筆者のこれまでの大学で勤務した際の経験の備忘録で、可能であれば若い大学職員や大学に興味があったり関係する人たちの一助になればという(一応・多少は)思いもそれなりにありますので、特に海外編は、Trip Advisor的な要素・視点もありますが忘れず強引になっても大学ネタも必ず入れていきます。

Q バンコクでもクイズ   この建物にはどんな施設が入っているでしょうか?

Londonに続き建物当てクイズ。住所は、Serm-Mit Tower, 159 Asoke-Montri Road, Bangkok  BTS Asok もしくは MRT Sukhumvit の駅からアソーク通(Soi Asoke)スカイトレインMakkasan Sta.方面へ少し歩きます。大学で国際交流分野をやっている人ならSerm-Mit Towerサーミットタワー)の名前で気づく人がいるかもしれません。

また、こちらのご近所にはSrinakharinwirot University シーナカリンウィロート大学さんや見た目はゴージャスで価格は良心的なHelth Land さんもあります。タイトラディショナルマッサージ初心者の方はトライしてみてください。

f:id:FOU:20210906105725j:plain

Health Land 

www.healthlandspa.com

Srinakharinwirot University

www.swu.ac.th

バンコク中心部にある Chulalongkorn University チュラロンコン大学

BTSスクンビット線・シーロム線両線が停車するSiamサイアム駅。この駅の北側には巨大なショッピングモール Siam Paragon サイアムパラゴンとコロナ禍で閉店してしまいましたが伊勢丹デパートがあったりして日本人にとってもなじみ深いところ。その南側にチュラのキャンパスが広がっています。イメージ的にはJR渋谷駅前に広大なキャンパスがある感じ。それほどスタイタスが認められたタイでは特別な存在の大学です。とりあえず観光客的にバンコクに滞在するなら一番行きやすい大学とも感じます。また日本でおなじみのThammasat Universityタマサート大学さんやKasetsart Universityカセサート大学さんも都心といえば都心ですがそれぞれ王宮エリアと少し北のエリアにあります。その他の大学は全体的にバンコク北エリアを中心に少し郊外におかれています。

【写真1】チュラのブックストア Siam駅から南へ5分くらい。ゴミゴミした雰囲気ですがキャンパスの北からの入口部分にあります。英語系の書籍が多くを占め、他にも文房具やキャンパスグッズも豊富。

f:id:FOU:20210911163134j:plain

【写真2】歯学部附属?の博物館 普通に歯学部の校舎に入ってエレベータを利用して展示しているお部屋に行きます。かなり古くに見にいきましたが今も常設展示的にやっているようです(すいません。真偽不明)。施設内には標本の日本の医療系学部からの寄贈もあったことが書かれていました。展示自体は(筆者個人的には)それほどおどろおどろしくありません。

f:id:FOU:20210911182039j:plain

www.chula.ac.th

バンコクぶらり歩き

タイ初心者の学生を連れて主要スポット(寺院・王宮etc)を回るなら(特に数名の少人数なら)HISさんやJTBさんがやっているツアーに乗っかるのが良いと思います。もう少し多めなら同じくバンの借り上げで行くと迷子が発生しなくて安心です。筆者は不信心者であまり寺院へはいきませんが、多くの寺院がチャオプラヤ川沿いだったり主要駅から離れたところにあるので、車の方が効率的に見て回れます。こちらもタイ初心者向けの注意事項ですが、王宮やお寺にはドレスコードがあります。男女を問わずたくさん足出したり腕出した格好をしていると入れてもらえません。そんなおバカさん外国人観光客のため、お寺周辺でスカーフや腰に巻く布がレンタル出来るようになっています。ちなみに筆者も初心者だった頃、王宮とオリエンタルホテルに短パン+Tシャツで侵入を試みたところ阻止されてしまいました。あとはお役に立ちそうなホテルを中心に写真いろいろで。

HIS Bangkok 

www.his-bkk.com

Mandarin Oriental Hotel

www.mandarinoriental.com

【写真3】Erawan Sanplomエラワン廟 BTS Siam sta.の近く。ピー信仰のパワースポットとして有名

f:id:FOU:20210924221823j:plain

【写真4】Grand Fortune Mercure Hotel Bangkok  MRT Phra Rama 9 ラーマ9世駅を降りてすぐ。エアポートリンク・マッカサン駅からMRTに乗り換えて1駅なので使いやすいです。この場所は、バンコク中心部から少しだけ離れていることもありお値段もお手頃。タクシーで空港へ行く道も単純でそれほどラッシュにつかまりにくいのもメリット。ホテル自体は普通にOKです。

f:id:FOU:20210925034510j:plain

【写真】Hotel Four Points by Sheraton  BTS Asok Sta. を降りて同Nana Sta. 方面に少し歩きます。周辺には、BTS Asok Sta. と直結しているウエスティンホテル(Westin Grande Sukhumvit, Bangkok)シェラトンホテル (Sheraton Grande Sukhumvit, a Luxury Collection Hotel, Bangkok))があるのですが、段々お値段が高くなり(筆者は)ちょっとづつしんどくなってきました。その頃新しくできたのが Sheraton HotelSecond Brand の Four Pointsさん。お部屋は綺麗で遜色がないのでお勧めです。

f:id:FOU:20210925041727j:plain

【写真】Hotel Four Points by Sheraton②フロントスタッフもフレンドリーです。

f:id:FOU:20210925104310j:plain

【写真】Hotel Four Points by Sheraton③ なぜかホテルのエントランスの横にフーターズさんが。

f:id:FOU:20210925041816j:plain

A それでは答え合わせ

日本の政府系機関と学術機関がたくさん入っています。その理由は、まだ、在バンコク日本大使館Soi Asoke 沿いにあった頃、交通至便な場所で(当時新築だった)この建物に領事部や広報文化班が間借りしていて、それにくっつく形でJF国際交流基金などのオフィスもこちらに。大使館自体はルンピニー方面(MRT Lumphini Sta.)に移転しましたが 残っています。もともとAsokeからプロンポンPhrom Phongのエリアは外国人が多く住む高級住宅地的な場所で在住の日本人にはなじみのあるところです。

筆者の記憶では、1990年代にはこの地にあるのはJSPSのオフィスくらいだったのですが、それからしばらくして大学の海外拠点ブーム?が始まり、今やたくさんの大学が事務所を置いています。そしてこの建物に事務所があるのは大阪大学さんや上智大学さんあたり。他の大学は、仲の良いタイの大学内にお部屋を借り受けています。事務所ってどんな感じかと言うと、大体国際交流・留学生に詳しい若手の教員が所長をして国際がそこそこできる(これがなかなかいない)若手事務職員を副所長にし、あとはローカルスタッフが数名というのが良くあるパターン。あとは『何をやるか』で、予算がたくさんあればタイの大学との様々な連携や、タイのエリート高校を訪問して優秀な留学生の発掘とかも可能。とりあえず日本で考えているより旅費と交際費は必要です。残念ながら、拠点を作るのは簡単ですが、大学レベルではその海外拠点でいろいろできる事務職員は少ないのが今後の課題。その中でよく頑張っているのは東工大さんでNSTDA(タイ国立科学技術開発庁)内にオフィスを作り積極的な活動をしています。

JSPS

jsps-th.org

あまりに大学の拠点が多いでJSPSさんがわざわざ交通整理してくれています。

タイにおける日本の大学 | 日本学術振興会 バンコク研究連絡センター

JF

www.jfbkk.or.th

大阪大学さんwww.bangkok.overseas.osaka-u.ac.jp

上智大学さん

www.sophia.ac.jp

www.jnto.or.th

www.titech.ac.jp

 

もう少しバンコク編3で残りをご案内してからChiang Maiへ進みます。

 

 

fou.hatenadiary.jp

 

fou.hatenadiary.jp